未分類

ハイキュー2期1話のネタバレあらすじと感想!タイトルは「レッツゴートーキョー!!」

「小さな巨人」に憧れて鳥野高校に入学した日向翔陽は、​ チームメイトでありコンビを組むことになる天才セッターの影山飛雄と出会います。​

音駒高校の孤爪研磨や伊達工業高校の青根高伸、​ 青葉城西高校の及川徹などライバルたちとの試合を経て成長していく翔陽。​

インターハイでは惜しくも青葉城西に敗退した鳥野高校排球部ですが、​ 全日本バレーボール高等学校選手権大会・通称春高のオレンジコートをめざして、​ 新生鳥野は再スタートを切ります。​

スポンサーリンク

ハイキュー2期1話「レッツゴートーキョー!!」ネタバレあらすじ

春高を目指して練習を積む鳥野の面々。​

紅白戦で調子良くアタックを決める翔陽、いまだにハイタッチに慣れない影山、あいかわらずフェイントのうまい月島蛍、ピンチ要員としてサーブを磨く山口忠。​

そこへ顧問の武田一鉄が音駒高校の所属する東京の梟谷学園グループの合同練習に参加できるようになったことを伝えにきました。​

音駒との再会にわくわくする翔陽たち。​

マネージャーの清水潔子も一年生の校舎へやってきて新マネージャーを勧誘するなど部員全員が合宿へ向け気合を入れます。​

しかし気合が入りすぎて坂道ダッシュで目標地点を通過して、白鳥沢高校の周辺まで来てしまう翔陽と影山。​

そこで牛島若利と出会った二人は、白鳥沢の練習風景を偵察させてもらいます。​

白鳥沢高校には馬術部があったりバレー部専用バスがあったりと、スポーツに特化した生徒を優秀な苗とすると、それに見合った土壌を用意している白鳥沢。​

牛島は影山の中学時代の試合ぶりを知っており、エースに尽くせないセッターは白鳥沢にはいらないと言います。​

確かに影山は尽くすタイプじゃないとウケる翔陽。​ 及川は痩せた土地ともいえる青葉城西ではなく、白鳥沢に来るべきだったと言う牛島。​

青葉城西が痩せた土地なら、鳥野はコンクリートか何かですかねと真顔になる翔陽。​

牛島に飛んできたボールを横取りし、「コンクリート出身の日向翔陽です。

白鳥沢を倒して全国へ行きます」と宣戦布告します。​

白鳥沢に勝つ前にまず東京の合宿、と意気込む翔陽ですが、翔陽と影山と田中龍之介と西谷夕は成績不振のため、全国どころか東京への合宿も参加できないかもしれない可能性が出てきました!​

牛島若利

2期目にしてやっとまともに登場した牛島。​

及川からは天敵として恨まれている牛島ですが、意外にも牛島は及川の実力を認めているようです。​

普通なら他校の偵察などおことわりのところを、鳥野ごときに偵察されてもうちなら平気、と王者の余裕を見せる牛島。​

優秀な苗にはそれに見合った土壌が必要、痩せた土地では立派な実は実らないなど、独特の持論を展開するあたり天才だけあって一風変わっていますね。​

そんな王者に宣戦布告した日向。​

まだまだ雲の上の存在ですが、眼中に入ることには成功したようです。​

清水潔子

新マネージャーの勧誘に真面目に取り組む潔子さんが尊いです。​

この後谷地仁花ちゃんと出会うわけですが、喜怒哀楽を素直に表現する仁花ちゃんとクールな潔子さんでは正反対。​

それなのにプラスとマイナスのように互いの長所を引き立たせあえる仲になれるのですからすごいですね。​

日向と影山、月島と山口などナイスコンビはたくさんいますが、バレー部員だけでなくマネージャー同士もベストコンビができあがるわけで、早く二人が並んで立っているところが見たいです。

赤点

赤点カルテットの日向と影山と田中と西谷。​

レギュラーのうち四人も赤点で合宿に参加できないかもしれない危機です。​

特に西谷の答案はひどいですね・・・。​

影山もさすが白鳥沢を受験して落ちただけあるというべきでしょうか。​

武田先生の心労がうかがえます。​

テストの話が出た時の四人の表情も笑えました。​

特にこけしみたいになってる影山と現実逃避なのか逆にイケメン顔になっている西谷はヤバいですね。​

はたして四人は無事に合宿に行けるのでしょうか?​

スポンサーリンク

ハイキュー2期1話「レッツゴートーキョー!!」感想

待望のセカンドシーズンがスタート!​ 2期では音駒高校に加えて、梟谷学園高校や森然高校や生川高校の新メンバーも続々登場するシーズンです。​

合宿ということでツッキーを含め普段内面を見せたがらないキャラの内側も掘り下げて描かれるので、バレーのシーンだけではないキャラの感情も見られるので楽しみですね。​

その2期の第1話にラスボスとも言える牛島を持ってきたのはうまい演出だと思います。​

鳥野を変な速攻を使うチームと知っているなど、弱小のチームもちゃんと見ているあたり、王者だからと言って決して奢らない牛島の人間性を垣間見れました。​

いつか対戦するのが待ち遠しいです。

スポンサーリンク