ネタバレあらすじ

ハイキュー4期1話(TO THE TOP)のネタバレあらすじと感想!タイトルは「自己紹介」

日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始めます。

低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていましたが、中学3年の夏、最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまいます。

影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部します。

晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿がありました。

初めは反発し合っていた二人はそれぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指しました。

スポンサーリンク

ハイキュー4期1話(TO THE TOP)のネタバレあらすじ

春の高校バレー宮城県予選、激闘を制し悲願の全国大会出場を烏野高校排球部は決めました。

全国大会を控え、いつものように練習に勤しんでいた烏野高校排球部のもとに、突然、影山飛雄の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込みました。

さらに、月島蛍にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかります。

同じ1年生なのに、声がかからなかった日向翔陽は、2人との差に大きな焦りを感じます。

そんな日向は、誰にも内緒で、宮城県1年生選抜強化合宿が行われる白鳥沢学園高校に押しかけてしまいます。

そんな日向に、鷲匠先生からはボール拾いでいいなら合宿に参加してもいいと言われます。

全国大会本番に向け、日向、影山、そして烏野高校排球部の更なる挑戦が始まります。

パンフレット用最高到達点測定のシーン

本日も、春高バレー全国大会に向け、朝練や練習に励む日向翔陽(Cv.村瀬歩)は、マネージャーである清水潔子(Cv.名塚佳織)から、今日は春高パンフレット用にスパイク最高点の測定をするので放課後早めに集合するよう伝えられます。

話を聞いていた影山飛雄(Cv.石川界人)は日向に、最高到達点で勝負をしようといいます。

負けた方はカレーまんを3個奢るそうです。

ついに体育館で測定が始まりました。

1番身長の高い月島は334cmと好調でしたが、影山が337cmと記録を越します。

最後の測定となった日向に皆の視線が集まります。

日向は大きく跳躍し、記録は333cm。

3年生エースアタッカー東峰旭(Cv.細谷 佳正)と同じ記録に、東も負けていられないと力みが入ります。

身長測定勝負シーン

保健室にてマネージャーの潔子さんが身長測定を行っていました。

日向はチームメイトの1年生山口忠(Cv.斉藤壮馬)から身長を聞かれ、「164.2センチ!1.4センチ増!」とドヤ顔で答えます。

聞いてきた山口は5mm増えて180cm超えを達成しガッツポーズを決めます。

日向は通りかかった影山にも身長を聞き181.9cmとの答えに自分のほうが前回よりも身長が伸びていることに誇らしげな顔です。

どうやら日向は全員の身長を覚えているようでした。

そこへ、ついに190cmに到達した月島が現れどんぐりの背比べお疲れ様といつものように嫌味を言っていきます。

山口は喜んでいますが、影山と日向は苦虫を潰した様にその事実に苛立ちをみせます。

身長測定であんなに盛り上がれるのかと3年生達は余裕の表情です。

ビッグニュースを伝えられるシーン

職員室にいた武田一鉄先生(Cv.神谷 浩史)は、ある電話を受けます。

急いで体育館に向かい、練習中のメンバーを全員招集します。

挨拶も早々に、先生は、あるビッグニュースを伝えます。

それは、影山に全日本ユース強化合宿の招集がかかったことでした。

その事実に全員が驚きを隠せません。

全日本ユースといえば、19歳以下の日本代表として世界で闘うチームのことで以前は白鳥沢学園高校の3年生牛島若利(Cv.竹内良太)も所属していました。

影山がそこまで残れるかは分かりませんが可能性はあります。

皆大喜びです。合宿は12月頭の5日間で1月の春高直前ということから先生は強制はしないと言いますが、部長の澤村大地(Cv.日野聡)は行くべきだと言います。

もちろん影山も行く気満々です。

ユースに選ばれた影山

全日本ユース強化合宿は、東京のナショナルトレーニングセンターで行われるようで、そこでは現役のオリンピック選手もトレーニングしているとのことでした。

東京に一人旅ということで、先生からのメモを頼りに合宿へ行きますが宇都宮が読めずに苦戦します。

影山は壊滅的に国語ができないので振り仮名がふってあればよかったかもしれません。

なんとか合宿所についた影山は、突然声をかけられます。

彼は、井闥山学院の佐久早聖臣で全国3本指のスパイカーの中で、唯一の2年生です。

影山は年下として挨拶をし、全国区のプレーを間近で観られることに高揚していました。

合宿メンバーが集められ、全日本代表チームの雲雀田監督からバレーボールはもっと面白いと証明しようという激励を受けます。

宮城県1年生選抜強化合宿、日向乱入シーン

先生から、同じく12月の初旬に宮城県内の有望な1年生だけを集めた合宿を行うと、条善寺高校の穴原先生から連絡をもらったことを話されます。

宮城県全体の、バレーボールのレベルアップを目的とした取り組みの一つでこちらは1年生だけですが、疑似ユース合宿のようです。

そんな合宿に烏野からは月島が選ばれます。

日向は自分が選ばれていないか確認しますが、やはり自分の名前が無いことにショックを受けます。

影山から先に行くぜと言われ日向は焦りが募っていきました。

山口に俺たちは仲良く留守番(練習)と言われていたにも、関わらずなんと、烏野での練習をサボり、宮城県1年生選抜強化合宿が行われる白鳥沢学園高校に日向はいました。

スポンサーリンク

感想

やっと帰ってきたハイキュー!!もう4期になるけど本当に毎回アニメ化するのを楽しみにしてきました!!

また動く日向や影山が観られて本当に感激です!!しかも作画が漫画にどんどん近づいてて親近感が凄いです♪アニメーターさん流石です!!

これから試合シーンとか入ってきたらもっと神作画が観られると思うと楽しみで仕方ないです。

1話から日向と影山の間に大きな差があって日向的にはショックですよね。

でも、これからもっともっと強くなるはずなので期待してます。

スポンサーリンク