ネタバレあらすじ

ハイキュー4期4話(TO THE TOP)のネタバレあらすじと感想!タイトルは「楽」

日向翔陽・影山飛雄・月島蛍が不在の中、烏野高校排球部は常波高校との練習試合に挑み、レベルアップをはかっていました。

一方、宮城県1年生選抜強化合宿では、牛島達との練習試合をボール拾いとして日向はコートの外からしか観ることができず、苦しい思いに駆られていました。

しかし、この経験をバネに、これまで、ただ闇雲にボールだけを追うことに夢中で、自身が気づいていなかったことに少しずつ気づいていきます。

例えば、雪ヶ丘中学校時代に玉山純平にテニスの練習に付き合い、教わった”スプリットステップ” を白水館高校の黒石純二がレシーブ時に使っていることに気がつきます。

そして、それぞれの選手がサーブ、レシーブ、ブロック、トス、全てにおいて、それぞれの選手に合った技術を持っていることに気づきます。

スポンサーリンク

ハイキュー4期4話(TO THE TOP)のネタバレあらすじ

全日本ユース強化合宿に参加している影山は、井闥山学院高校 2年、全国3本指のスパイカーの一人、佐久早聖臣に白鳥沢との試合について質問攻めを受けていました。

その後も、全国の猛者たちと共にプレーをする中でお互いに手の内を探り合いを続けているようです。

宮城県1年生選抜強化合宿はいよいよ大詰めを迎えていました。

勝手に参加した日向のことにずっと機嫌を悪くしていた月島も、ボール拾いとして合宿にめげずにやってくる日向に、自らブロック練習のため自主練習に参加するようになります。

一方、バレー歴が浅く、特に2対2の練習に中々ついていけない角川学園の百沢は焦りを感じ始めていた。そんな百沢に日向はあることを伝えます。

月島も自主練習参加しますのシーン

突然、月島蛍(Cv.内山昂輝)に付き合ってほしいと言われた日向翔陽(Cv.村瀬歩)はつい月島を二度見してしまいます。

何のことかわからない日向に、月島はブロック練習のために自主練習に付き合ってほしいという意味だと説明します。

残って練習していた、黄金川貫至(Cv. 庄司将之)、金田一勇太郎(Cv.古川慎)、由良正太(Cv. 内田修一)、長松夢人(Cv.安田陸矢)らに加わって練習を始めました。

早速、五色工(Cv. 土屋神葉)のアタックに月島・金田一・黄金川の3枚ブロックで対応します。

月島にはブロックの高さが一番低いことに悔しさを顔に出します。

結局、クロスを打ってくると見込んだリードブロックは、ストレートを止められませんでした。

全日本ユース強化合宿、夕食時のシーン

丁度夕食時、全日本ユース強化合宿に参加中の影山飛雄(Cv.石川界人)は、夏の合同合宿で一緒だった森然高校の1年生、千鹿谷栄吉(Cv.長南翔太)と食事をとっていました。

髪型が同じチームのキャプテンである小鹿野大樹(Cv.鈴木千尋)にそっくりで、影山は「ブロッコリー2号」と心の中で名付けていました。

一方の千鹿谷は口では知っているヤツがいつと安心だなとは言っていても、影山が何を考えているのかわからないタイプなので内心近寄りがたい存在だとも思っています。

突然、背後から声をかけてきたのは、井闥山学院高校 2年、全国3本指のスパイカーの一人、佐久早聖臣(Cv.鳥海浩輔)でした。

白鳥沢と烏野の決勝を観ていない佐久早は影山を質問責めにします。

影山と佐久早、一触即発のシーン

どうやら、佐久早は同じ全国3本指のスパイカーの1人である牛島若利(Cv.竹内良太)のスパイクを誰が止めたのか気にしていたようです。

影山が質問に大体答えていると、こいつ超絶ネガティブなのよと横からフォローを入れてくれたのは、佐久早と同高で高校No.1リベロとの評価を得ている古森元也(Cv.上村祐翔)でした。

俺はネガティブじゃない、慎重なんだと返す佐久早に、影山は突然、まだ本気出してませんよねと言います。

なぜか尋ねると、なんとなくイメージより普通だなって思ったんでと特に表情無く言い、一触即発の空気になった所で、古森は、肩の調子が悪い気がするんだよなとフォローを入れます。

佐久早は風呂に入ると会話を切ったおかげで事なきを得ます。

全国区に絡まれる影山のシーン

セッターとして素晴らしい技術を発揮する影山。

練習後のストレッチ中、影山は鴎台高校2年生星海光来(Cv.花江夏樹)から声をかけられます。

今までに俺の試合見たこと無いならもっどビビって驚けよと言われます。

なぜなら、光来は自身の低身長にコンプレックスがあり、けれどそれを理解し高い跳躍で皆を圧倒してきたからです。

けれど、影山は、ビビっているが参考になりますと素直に答えます。

すると、また背後から稲荷崎高校2年生、No.1セッターと言われる宮侑(Cv.宮野真守)が声をかけます。

飛雄君は中々刺々しい第一印象やったけど、プレーはだいぶんお利口さんよなという言葉に影山は気を悪くしがんを飛ばします。

百沢覚醒のシーン

宮城県1年生選抜強化合宿では、今日もきつい練習が行われていました。

特に、2対2は常に動き回らなければならないため相当辛いようです。

そして、誰よりもしんどいのはバレーを始めて経験の浅い百沢 雄大(Cv.山本祥太)でした。

周りからも技術ま中学レベルでカバーするのが大変だと言われ、それは自分でも理解しています。

一方、2対2で才覚を表していたのは国見英(Cv.田丸篤志)でした。

日向は国見の強みは器用で相手をよく観ていることに加え、余裕があることだと気が付きます。

焦りから百沢はつい日向にお前が選ばれれはよかったと言ってしまいます。

しかし、日向は俺もだろと励まします。

そして、百沢に2mの身長は凄い才能だし、それに百沢は楽をする、少し高いパスをすることで劇的に変わることを伝えます。

スポンサーリンク

感想

佐久早聖臣、宮侑、星海光来といった全国の新キャラクター達がやっと喋りだしましたね。

なんとなく全員2年生だってことに春高バレーだけではなく、来年のインターハイにも出るんだと思うと怖いですね。

皆、影山に突っかかってくる所が、全国区のセッターとして観ているんだなって感じれて面白かったです。

個人的に、今回のMVPは国見ちゃんですね。

普段は無表情キャラなんですが、合宿では色々な表情が観れて本当に幸せでした。

感謝感激です!!

スポンサーリンク