2020年

テレビアニメ『波よ聞いてくれ』無料動画情報

Featured Video Play Icon
見放題作品数No.1の「U-NEXT」

波よ聞いてくれは日本最大級の動画サービス「U-NEXT」で配信中!

今なら31日間無料トライアル実施中

今すぐ無料お試し

無料トライアル期間中に解約しても、違約金などは一切発生しません

※配信情報は2020年6月20日時点のものです。

波よ聞いてくれの見逃し動画無料視聴

テレビアニメ『波よ聞いてくれ』は動画配信サービスのU-NEXTなら2ステップで簡単に無料視聴することができます。

  1. 31日間無料トライアルに登録
  2. 見放題で視聴開始

北海道・札幌のスープカレー屋で働く鼓田ミナレは、酒場で出会った地元ラジオ局のディレクター・麻藤兼嗣に失恋トークをした。その翌日、なんとその会話が丸々ラジオで流れることに!? この日からミナレは、パーソナリティとしての道を歩むことになる。

出典:U-NEXT

20代女性
20代女性
えっ!?動画配信サービスのU-NEXTで本当に無料で見れるの?
20代男性
20代男性
見れるよ!31日間無料トライアルがあるからそれをうまく利用すればいいんだ。
20代女性
20代女性
なるほどね!でも、U-NEXTのことよくわからないからちょっと不安かも…
20代男性
20代男性
映画、ドラマ、アニメを14万本以上配信している日本最大級の動画サービスで無料期間中に解約もできるし、0円だから安心して試せるはず♪
20代女性
20代女性
そうなんだ!無料トライアル中でも解約できるならちょっと試してみたいかも♪気に入ったら継続利用もありかもね笑

U-NEXTのおすすめポイント
  1. お試し登録後、31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 見放題作品(映画・ドラマ・アニメ)が約14万本
  4. 見放題の雑誌は約70冊
  5. 高画質、高音質で楽しめる
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4人まで同時に視聴できる
  7. 観たい作品に出会える
  8. いつでも解約できる(お試し期間中に解約した場合は0円)
  9. 継続後、実質989円で利用できる※月額1,990円(税抜)で毎月1,200ポイント付与されるため

U-NEXT利用者の声

30代女性
30代女性
U-NEXTは31日間、無料お試し登録ができます。
無料お試し中の31日以内に解約手続きをすれば、料金は一切かかりません。
U-NEXTは他とかは違い、見放題の作品数が断トツで多いです。
U-NEXTでしか見れない作品もかなり多いです。
18万以上の作品が見放題で、最新の作品もかなりの数あります。
無料お試し期間をすぎると月額料金がかかるのですが、
月額1990円で、毎月1200ポイント分のU-NEXTポイントがプレゼントで貰えます。会員になれば見放題で見れる作品も沢山ありますが、最新作などは対象外になってます。対象外の作品はPPV作品といい、U-NEXTポイントを使用する事で見る事ができます。PPV作品によって必要となるポイント数は違いますが、大体毎月貰える1200ポイントで2つの作品が見られます。
毎月、2作品新作を見るのもいいですし、貰えるU-NEXTポイントを貯めておいて一気に見るのもいいと思います。私はそんなに気になる新作の作品がない時は使わず貯めておいて、その間は月額料金だけで見られる通常作品を見ていました。月額料金は高めなので、元を取るために効率よく見尽くした方が賢いと思います。私は映画館で見ないで、少し待ってから、新しめの作品をU-NEXTで見ていました。

▼全話(1話~最新話)の無料視聴はこちら▼

U-NEXTで動画を見る

作品情報

  • 話数:放送中
  • 放送:2020年

見どころ

ラジオパーソナリティ素人の主人公が繰り広げる、アドリブ満載ながらも軽快なトークがクセになる。主人公に負けじと個性の強いキャラクターたちによるかけ合いも魅力。

キャスト

  • 鼓田ミナレ:杉山里穂
  • 麻藤兼嗣:藤真秀
  • 南波瑞穂:石見舞菜香
  • 久連木克三:山路和弘
  • 茅代まどか:大原さやか
  • 甲本龍丞:石川界人
  • 中原忠也:矢野正明
  • 城華マキエ:能登麻美子
  • 宝田嘉樹:島田敏
  • 須賀光雄:浪川大輔

スタッフ

  • 監督:南川達馬
  • 原作:沙村広明
  • アニメーション制作:サンライズ
  • キャラクターデザイン:横田拓己
  • 音楽:岩崎元是

視聴者の感想

第1話 お前を許さない

あらすじ

舞台は北海道、札幌。スープカレー屋の店員・鼓田ミナレは、酒場で隣り合った男・麻藤に失恋話を打ち明けていた。翌日、仕事中にミナレが耳にしたのは、ラジオから流れる自分の声…!? 実はラジオ局のディレクターである麻藤は失恋話を密録し、生放送で流していたのだ。ラジオ局に駆けつけたミナレに麻藤は悪びれもなく告げる。「無音が3秒続けば放送事故だ。止めるからにはアンタが間を持たせるんだぜ?」──ぶっつけ本番、ミナレはマイクの前に立つ。

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
ぽかーんとしました。何これ、ですよ。熊と山で遭遇しながらも一人でずっと喋りまくるお姉さんという状況からはじまりますからね(笑)意味がわかりません。この喋りまくるお姉さんが主人公ミナレなんですが、とにかくよくしゃべる。声優さんお疲れ様です。最初は状況に違和感があり展開においていかれてしまうのですが、後半につれて引き込まれていきます。ギャグもテンポがいいし、おもしろい。原作者の方はいつもまじめな作品ばかり書かれているので、驚きました。お話は、後半にミナレがなぜこんなことになっているのかを説明していますが、もうとにかく最後のセリフが最高です。ご飯食べていたんですが噴きました。「光雄、お前は地の底まで追いかけて殺す!!!」
次回も楽しみです。
20代男性
20代男性
普段からラジオをよく聞く中で一風変わったラジオを題材にしたアニメということで興味がわき、波よ聞いてくれを視聴したがなかなか面白そうな感じでした。1話をみた感想としては声優がすごいうまい。アニメを見てる中で常に誰かが喋っている状況で、セリフが少しくどいと感じることもあったが、基本的に面白い。実際に深夜のラジオでああいった放送があれば聞くだろうなと思った。まだ1話なので世界観を作る段階という意味では少し物足りないと思ったが、これからの展開次第では凄い化けそうなアニメであると思った。あとオープニングはむちゃくちゃ好きです。またこの原作漫画がアメトークなどで紹介されてたのである程度の面白さは担保されていると思うのでこれから楽しみです。

第2話 奴らが憎い

あらすじ

高らかに元カレへの恨みを宣言し、ラジオの生放送を乗り切ったミナレ。日々は何も変わらないように思えたが、水面下でミナレの運命は動いていた…! 藻岩山ラジオ(MRS)のディレクター・麻藤は、ミナレに「話し手の才能」を感じ、コンタクトを図ってくる。麻藤はMRSのスタッフを引き連れ、ミナレの働くカレー店にやってきた。その中のひとり、人気番組を担当するパーソナリティ・茅代まどかはミナレに告げる。「私たちと一緒に、ラジオのお仕事してみない?」

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
さて、前話で初のラジオ放送で叫びまくったミナレ。そのラジオ放送が話題になり、バイト先のカレースープ店でも目立ってしまい、いろいろあってめでたくバイト先のクビとラジオの仕事が決定しました(笑)
ミナレは今回はちょっと落ち込み気味で、1話に比べれば少し静かでしたね。まあ、バイトをクビの予定になっているのでしょうがないんですが。
バイト先の中原君とは仲良しなようで、二人の掛け合いはテンポいいです。すごい髪型ですが、いい人そうです。
にしても最後の謎の血染みのある部屋に住む謎の男はいったい誰なんでしょうか。ミナレの彼氏候補でしょうか?ビジュアル的にはなかなか好きな感じなので、この先ミナレにどう関わってくるのか楽しみです。

第3話 お前らは緩い

あらすじ

ミナレは危機に瀕していた。元カレに持ち逃げされた50万円が痛手となり、自宅の家賃や車検料の支払いを乗り越えられそうにない。窮したミナレは麻藤に電話で助けを求める。誘われていたラジオの仕事を正式に受ける代わりに、MRSに寝泊まりしようという魂胆だった。ところが、麻藤はミナレに「お前、冠番組を持ってみる気はないか?」と持ちかける。舞い上がるミナレに与えられたのは……午前3時半スタートのド深夜枠だった!?

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
冒頭は前話最後に登場したイケメンがお経を唱えるシーンから始まりました。「律子、僕は仕事に行く」って言ってますけど、誰だよ…律子って…かんじですね。この話で律子については説明はありませんでした。気になるんですけど(笑)彼はミナレの住んでいるマンションの階下の親切な住人なことはわかりました。
バイト先の中原君は、ミナレのこと好きだったんですね。お似合いだと思うんですが、ミナレにはその気がない模様。ミナレは金欠すぎて部屋を追い出されそうになってるんですが、中原君に「ウチ来ます?」と言われて都合よく断るシーンが今回は一番面白かったです。言ってることがなかなかクズで笑いました。結局、ミナレは、ラジオ局勤務のおとなしくて面倒見の良い瑞穂という女の子の部屋に泊まれることになったようです。今回はラジオ放送シーンがなかったので、次回に期待です。

第4話 君は笑わない

あらすじ

MRSのAD・南波瑞穂の自宅を仮住まいにすることになったミナレ。一安心も束の間、スープカレー屋「VOYAGER」の店長・宝田が交通事故で戦線離脱。人手不足で多忙を極める店に謎の美女・城華マキエが訪ねてくる。マキエの兄が宝田を事故に巻き込んだお詫びとして、無報酬で働くと申し出てきたのだ。戸惑いながらも、背に腹は代えられずに受け入れるミナレ。この出会いが、後にミナレの人間関係を大きく揺らがすとも知らずに……。

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
前半は、中原君がひたすらミナレに「ラジオは辞めて一緒にカレー屋をしましょう。」とプロポーズしていました。前話で初めて中原君はミナレに好意を伝えたと思っていたのですが、展開が早いですね。中原君はカレー屋を一緒にやりたいみたいですが…視聴者としては、いやいや、でも、ミナレはカレー屋をクビになっているんですけど…と思っていたら、ナイスタイミングで店長が事故に遭って、ミナレはカレー屋のバイト勤務を延長できることになったようです。中原君は嬉しそうです。でも、ミナレはバイトは2人ではきついと思っていたら、これまた丁度良く店長の事故の相手の妹(マキエ)がバイトの申し入れをしてきます。影のある美人です。どんどん仕事に慣れていき、中原君とも仲良くなってきて、話の最後には、中原君とマキエの微妙なシーンを目撃してしまってミナレは動揺します。中原君が結構ちょろくてショックでした。

第5話 生かして帰さない

あらすじ

番組名が『波よ聞いてくれ』に決まったミナレの冠番組。初回収録で訪れた深夜のMRSには麻藤と瑞穂が待っていた。「この番組は思いつきで内容を変えてこうと決めていた」と話す麻藤から台本を受け取ると、今回のテーマは「架空実況」。かくしてミナレは「“光雄”という名の男を殺した女」を演じるゲリラ放送的な企画に挑む。一方その頃、北海道某所ではミナレの元カレ・光雄は女に刺されかけていた。ラジオからミナレの演技が響き渡り、光雄たちは焦り出す。

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
ようやっとラジオ放送の番組が決定しました。ミナレのラジオ番組の名前がアニメタイトルの「波よ聞いてくれ」でした。さてミナレのラジオはどんな雰囲気になるんだろうな、とわくわくしていたら、「ついに殺してやったよ!光雄の野郎」から始まりました(笑)殺人後の実況というテーマのようです。ラジオ放送と一緒に、男が女に刺されそうになっている映像が流れるのですが、この男はもしや、光男?ですかね?現実でも殺されそうになってるんですかね?ちょっとよくわかりませんが、この後の話でわかるんでしょうか?ラジオは急展開、後半はミナレのアドリブのようですが、話は正直よくわかりません(笑)
ミナレの放送は大成功なようです。あれが現実で流れたら、確かに話題になりますね。

第6話 そんなものはいない

あらすじ

スープカレー屋「VOYAGER」の同僚・中原に「道内一のラジオDJを目指してやる!」と豪語したミナレ。好評(?)のうちに終わった『波よ聞いてくれ』の放送だったが、麻藤からは「次は企画を考えてくれ」と連絡が来て、ミナレは頭を悩ませる。すると、渡りに船とばかりにミナレ宛のFAXが局に届いた。「たすけてください。あの世に行って帰ってくる方法を教えて欲しい」の文字に「オカルトかよ!」とツッコミつつ、ミナレと瑞穂は送り主の家を訪問する。

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
「波よ聞いてくれ」の次の放送の企画を考えるミナレ。そんなとき、ラジオ局に届いたよくわからないおどろおどろしいFAX。どうやら部屋に来てほしいと主張しているらしいFAXに心あたりのあったミナレは、これをディレクターに話したら、案の定取材することになりました。面白そうですもんね。送り主は一話からちょこちょこ登場していた階下のいい人(沖さん)でした。沖さんのキャラいいですよね。ミナレのうざいボケをスルーしちゃうとことか、テンション低く家にさらっと通しちゃうとことか。家に入れてもらったら、ほんとに天井から赤黒い生臭い液体がたれてくる…怖すぎ。絶対、たいしたことない妄想かなんかだと思ってたのに。液体の正体がめっちゃ気になる。そもそも二話から気になってるけど、律子って誰?次回で種明かしかな。楽しみです。

第7話 私は哭きたい

あらすじ

番組宛に不気味なFAXを送ったのは、ミナレと同じアパートに住む沖だった。ところが、沖の部屋で目にしたのは大漁の護符と天井から降り注ぐ血の雨…!? 屋根裏へ潜り込んだミナレは、腐臭と謎の液体、ハエの大群のなかで、ゴミ袋に包まれた“何か”を見つけてしまう。その袋の数は6つ、合わせて小柄な女性ひとり分ほど。ミナレは、袋の中身は沖が探していると叫ぶ「律子」という女性であると確信し、警察へ連絡を入れるのだが……。

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
今回は、律子と沖さんの回想から入りました。沖さんと律子の付き合い方はいろいろつっこみ所があるんですが、まあ二人で遭難して沖さんは一人だけ助けられたという話でした。だから、沖さんは律子が死んだと確信しているので、この部屋の怪異が律子の呪いだと思っているようです。ミナレは原因を解明しようと、液体がたれてくる屋根裏を一人で覗きにいきます。(もう、私はこの辺でもしや…って思っていましたが。)警察も呼んで、大きな騒ぎになったんですけど…ミナレも殺人だと信じて疑わなかったんですけど…結局はミナレの早とちりという結果でした(笑)しかもミナレが二階居住時に放置した肉のせい。第2回ラジオ放送はミナレがめっちゃばつが悪そうで歯切れ悪そうで笑えました。

第8話 電話じゃ話せない

あらすじ

沖の家のオカルト騒動はミナレの不始末によるものとわかり、沖の尋ね人を呼びかける「謝罪放送」で放免されたミナレ。一方のスープカレー屋にはマキエの兄・亨が現れる。強引に連れ帰ろうとする亨に、中原は違和感から抵抗を試みる。ミナレの『波よ聞いてくれ』はその後も放送を続け、コアなファンをつかんでいく。順調に思えた矢先、ミナレに届いた一通のメールが、平穏な日々に終わりを知らせる。送り主は憎き元カレ・光雄だった。

出典:U-NEXT

感想
20代女性
20代女性
今回の私の一番好きなシーンは、ミナレのお父さんがミナレの名前の由来を話すところです。ラジオ企画にする予定で、お父さんに自分の名前が気に食わないと喧嘩を吹っかけるミナレ。(確かに、ミナレって変な名前ですよね。)それでお父さんもなかなかのクズなので、ミナレの名前の付け方もひどかったことが判明しちゃいました。あれは、娘に話しちゃ駄目なやつ。結局、ひど過ぎて企画にできないことになっちゃいましたが、差し替え案として提案されたのが空想実況でした。これが第1話の熊遭遇シーンだったんですね。
あと、最後に、あの光雄からデートのお誘いメールが来ました!ミナレは第1話で「殺す!」って張りきってましたけど、次回どうするんですかね。

第9話 お前を信じない

あらすじ

ミナレに突然届いた元カレ・光雄からのメール。光雄はミナレのラジオを聞き、会いたくなって連絡したという。猜疑心と明確な殺意(とICレコーダー)を胸にしまい込み、ミナレは待ち合わせ場所の藻岩山ロープウェイ乗り場へ向かう。姿を見せたのは50万円をだまし取ったことなど微塵も感じさせないほどに、全く変わりがない光雄だった。なんだかんだでデートを楽しんでしまったミナレだが、飲み直すべく訪れた光雄の自宅で、勝負に出る。

出典:U-NEXT

感想
視聴後に公開致します。

第10話 私がせねばなるまい

あらすじ

光雄との因縁にケリをつけたミナレ。ICレコーダーを麻藤に返して経緯を語ると、次回放送は密録した音声を使った企画に決まる。麻藤は「次の放送で光雄を埋葬しろ」とミナレへ告げる。片や、スープカレー屋では中原と城華の親密度が向上中。ミナレは城華に「中原の気持ちを知りながら弄ばないで」と釘を差され、イライラを募らせる。その最中、MRSでは腕利きのスタッフが集結。「光雄埋葬回」のドラマ収録が幕を開ける───!

出典:U-NEXT

感想
視聴後に公開致します。

第11話 嫌気生物は畏れない

あらすじ

「光雄を埋葬する」を題材にしたドラマ収録に挑むミナレたち『波よ聞いてくれ』チーム。アドリブ多めの台本にもめげずに、ミナレは全力で言葉を叩きつける。しかし翌朝、麻藤からは「いい加減、お前が企画を考えろ」とたしなめられてしまう。ミナレは他局の人気番組『アナグマ禁猟時間』を聞いて参考にしたり、MRS公式サイトの番組ホームページやTwitterで企画を募集したりと、行動を始める。

出典:U-NEXT

感想
視聴後に公開致します。

第12話 あなたに届けたい

あらすじ

時計はまもなく午前3時30分。本番までのカウントダウンに、ミナレはスタジオで気を引き締める。「ON AIR」ランプが灯り、「鼓田ミナレの波よ聞いてくれっへぇェェ~!」と番組がスタート。この日はリスナーから募集した番組の新企画を発表する段取りだった。その瞬間、ミナレたちを大きな揺れが襲う。緊迫するスタジオと局内。ミナレの、そしてMRSの、長い夜が始まった──。

出典:U-NEXT

感想
視聴後に公開致します。