2019年

アニメ映画『天気の子』無料動画情報

Featured Video Play Icon
見放題作品数No.1の「U-NEXT」

天気の子は日本最大級の動画サービス「U-NEXT」で配信中!

今なら31日間無料トライアル実施中

今すぐ無料お試し

無料トライアル期間中に解約しても、違約金などは一切発生しません

※配信情報は2020年6月3日時点のものです。

アニメ映画『天気の子』の無料動画視聴方法

アニメ映画『天気の子』は動画配信サービスのU-NEXTで簡単に無料視聴することができます。

高校1年生の帆高は、離島から東京へ家出して来たが働き口を見つけられず困窮していく。ようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業。連日不気味に雨が降り続け中働き続ける、そんなある日。帆高は不思議な能力を持つ少女・陽菜と出会い…?

出典:U-NEXT

20代女性
20代女性
えっ!?動画配信サービスのU-NEXTで本当に無料で見れるの?
20代男性
20代男性
見れるよ!31日間無料トライアルがあるからそれをうまく利用すればいいんだ。
20代女性
20代女性
なるほどね!でも、U-NEXTのことよくわからないからちょっと不安かも…
20代男性
20代男性
映画、ドラマ、アニメを14万本以上配信している日本最大級の動画サービスで無料期間中に解約もできるし、0円だから安心して試せるはず♪
20代女性
20代女性
そうなんだ!無料トライアル中でも解約できるならちょっと試してみたいかも♪気に入ったら継続利用もありかもね笑

▼『天気の子』の無料視聴はこちら▼

U-NEXTで動画を見る

アニメ『天気の子』作品情報

  • 公開日:2019年7月19日
  • 時間:114分

見どころ

子供と大人の対比、選ぶ道の違い、その先に待つそれぞれの結末に涙すること間違いなし。

キャスト

  • 森嶋帆高:醍醐虎汰朗
  • 天野陽菜:森七菜
  • 夏美:本田翼
  • 天野凪:吉柳咲良
  • 安井:平泉成
  • 高井:梶裕貴
  • 冨美:倍賞千恵子
  • 須賀圭介:小栗旬

スタッフ

  • 監督:新海誠
  • 原作:新海誠
  • アニメーション制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 音楽:RADWIMPS
  • 脚本:新海誠
  • 製作:市川南、川口典孝

アニメ映画『天気の子』感想

20代女性
20代女性
20代女性
たくさんCMなどをしていたのと、グランドエスケープの曲が好きで、楽しみにしていました。最初は明るい話でテンポもよく進んでいって楽しく見ることができました。晴れにする代行サービスのシーンが好きで、SNSで口コミが広がっていく様子やみんなが笑顔になっているシーンにほっこりしました。凪のてるてる坊主姿が可愛かったです。
中盤の帆高が警察に行方不明届と拳銃の件で終われるようになり、陽菜と凪が児童相談所の訪問を受けるようになって、引き離されるところはハラハラしました。雨がずっと降っているということもあり、見ていて悲しいような虚しいような気持ちになったのを覚えています。ただ、逃げている時に3人でラブホテルに入って楽しく夜を過ごしているところは楽しそうでいいなと感じました。
クライマックス、陽菜が人柱の犠牲になって天に昇り、それを助けようとする帆高の臨場感溢れるシーンは圧巻でした。一番最後に帆高と陽菜が再会するシーンは君の名はにそっくりで、新海監督らしさがありました。
20代女性
20代女性
「君の名は」の新海誠監督の作品ということで、最初から期待していた作品です。まず、作画がとにかく綺麗です。人物の動きもですが、風景が本当に綺麗なので、見ていて引き込まれます。ストーリーの展開は「君の名は」と似ているところがあり、ストーリ-せいという意味では新鮮味はなかったのですが、願ったら晴れるなどという分かりやすいテーマとそれがネットで広がっていく様子など、リアルさがあって面白かったです。「君の名は」で出てきた登場人物がでてきたのも、その作品を見ていたら思わずあぁ~っ!と声を出したくなるような遊び心が入っているのも魅力の一つです。私がこの作品の好きなところは、登場人物が温かいところです。主人公であるほたかが家でした時に、ヒロインである陽菜が助けてくれたり、新聞記者である須賀さんやアシスタントのなつみさんなど、みんな主人公を助けてくれたり、思いやる気持ちがあるので、見ていて優しい気持ちになります。
20代女性
20代女性
前作「君の名は」 に惹かれて、自然と「天気の子」を見にいきました。やはり、何と言っても、RADWIMPSさんの「愛にできることはまだあるかい」を初めとする、挿入歌がとにかく良かったです。映画館の音のいいシアターで見たので、終始、贅沢な気分を味わっていました。映画見終わってから、すぐにダウンロードして、音楽を聴きながら余韻に浸っていました。もちろん、ストーリーもティーンエイジャーが主人公ということもあってか、終始、ついつい応援してしまいたくなりました。まだ幼くて、考えも浅くて、もしかしたら、ストーリー内容には、賛否両論があるかもしれません。しかし、そんな不安定な少年少女を見守る大人も、しっかり、登場人物の中に出てくるので、優しい物語だったと思います。そして、絵の方ですが、さすが、新海誠監督さん。ものすごく綺麗でした。日本人として、誇りに思えてしまうほどでした。海外への上映も決まっていますが、外国人のお友達が私にもし、いたら、自信を持ってオススメできます。やっぱり、日本のアニメーションは世界一だな、と思わせてくれる作品でした。
20代女性
20代女性
この有名なアニメ映画「天気の子」を、一言で表現するのであれば、天気を変えることができる女の子というあり得ない世界が設定された映画です。この映画から色々なことが伝わってくるし、考えさせられます。その中でも一つ私が思うこと、私も強くそう思うと思ったことを紹介していきたいと思います。それは、主人公である帆高のヒロイン晴菜に対する気持ちです。ちなみに帆高はのちに逮捕されるのですが、その理由として銃の所持と発泡です。なぜそのようになったのか、発砲は計二回行われるのですが、どちらも晴菜のための発砲です。一つ目は、バイト先をクビになった晴菜が、風俗のキャッチに引っ掛かり強引に連れていかれようとするとき、二つ目は、晴菜を連れ戻すために廃ビルで警察官に対しての発砲です。ほかにも晴菜に対してまっすぐな好きな気持ちが、そのまま行動に出ているシーンがいくつもあります。そこに着目して観てみても面白いかもしれません。人によって受け取り方は様々ですが、この映画は社会に向けてメッセージ性の強い映画になっていると思います。本当にお勧めの映画です。
20代男性
20代男性
20代男性
賛否両論ある映画ですが、私は楽しめました。これから観る方は主人公の穂高に感情移入できるかどうか考えてみてほしいです。映画公開後に「天気の子穂高」と検索すると予測変換に「嫌い」と出てきました。たしかに先輩の「おまえ(穂高)のせいだ」という台詞にはめちゃめちゃうなづきました。穂高が野次馬に笑われながら走るシーンでも分かるように、穂高の敵は世界そのものです。「世界を敵に回しても」を地で行く展開は胸が熱くなりました。愛の為に一人で戦う穂高を見て、脳内でブルーハーツが流れました。
また『君の名は』だけ観てきた人たちにもしっかり媚びているところがとても良かったです。(ほめています。)おそらくこの映画が公開されてからいろいろなところで怒られやお気持ち表明が発生したと思うのですが、「うるさい俺はこれがいいんだ」と言わんばかりので潔さが最高でした。一部の批判にあるように、各スポンサー企業のCMでは?と思うようなシーンがあり、バ○ラトラックなどはその最たるところですが、それも含めてリアルな「世界」の醜さのように思えます。
最後にネタバレにはなりますが、「世界」よりも「愛」を選んだ穂高のことを私は大好きです。
20代男性
20代男性
地方から家出のように計画も無く飛び出してきた少年とある少女の出会いが、こんなに壮大な話になるなんて…と驚きと感動の素晴らしいアニメ映画です。新海誠監督の作品が大好きで、これまでに過去の作品も幾つか観てきましたが、この作品も言わずもがな最高のクオリティです。
まずは何と言ってもアニメとは思えないくらいの映像美です。こんな綺麗なアニメ画を作り上げるのには、どのくらいの歳月を費やしたのだろう、どのくらいの努力があるのだろうとびっくりします。海や雨、背景の建物から街並みの看板まで、すべて細かく繊細に描かれており、その美しさに言葉が出ません。
また、ストーリーも本当に素晴らしいです。キャラクターは別に多い訳ではないです。むしろ少ないです。だからこそ、そのキャラクターの関係性や背景、表情などを丁寧に描き、あえて視聴者に想像させる作りにも感嘆でした。個人的にあるキャラクター達の登場にはびっくりしました。「君の名は」を見てからだとさらに楽しめますよ。
そして、なんといってもラストの結末です。良い意味で裏切られてしまいます。観てからのお楽しみです。後悔しませんので是非。
30代女性
30代女性
30代女性
さすがの新海監督の作品で、前作の「君の名は」と同じく映像美が素晴らしく、まずそこに大きく引き込まれた。
普段私たちの目に映る何の変哲もない街並みや空が、新海監督のフィルターを通すとこんなにも輝くように美しかったのかと、あらゆる場面でため息がもれるほどだった。
ストーリーに関しては、「君の名は」では「人々を少年と少女が力を合わせて救う」という大ハッピーエンディングだったのに対し、「天気の子」では「少年と少女が仕事として能力を活かし、人々の役に立つ。しかしその先に待っていたのは」というもので、主人公たちの言い分も分からなくもないが、社会人の私からしてみれば「おいおい、あまり人様に迷惑をかけすぎるものどうかと思うよ…」とツッコミを入れたくなるというか、ちょっと引いてしまった部分があった。
ともあれメインテーマが「愛」や「家族」で、かけがえのないものとして説かれており、普段の私たちの日常を見直させてくれる点では大きく役に立つ。
しかし前にも書いた通り社会人の私には主人公たちの「あまりにも若さあふれる行動や判断」が、自分の共感可能な範囲を超えており、途中から見ていて少し辛かった。
30代女性
30代女性
君の名はがとてもよかったので、同じ監督で同じRADWIMPSの歌ということでかなり期待して見に行きましたが、期待通りかそれ以上の作品だったと思います。ストーリーの内容はよくわからない点や疑問に感じることも残りましたが、人柱の話などが盛り込まれていて日本人監督ならではの発想かなと思いました。新海監督の映画の一番の見どころは映像だと思いますが、今回の映画もまさに映像にこだわったシーンがたくさんありました。ビルや駅、道の風景など私たちが普段よく目にしている風景そのままが映画の中に登場していて、聖地巡礼に行きたくなる要素が満載でした。風景だけでなく広告・検索ページまで細部にわたって私たちが良く知っているものが出てきて、それに違和感を感じさせずにファンタジーの世界に盛り込まれているのはすごいなと思います。さらに今回も水のシーンがとてもきれいでした。特に雨の描き方がとても繊細で色がきれいで、普段は憂鬱な雨の日がこんなに美しかったのかと驚きましたし、雨の日が楽しみにもなりました。
30代女性
30代女性
とても面白い映画で、物語にスピード感があって引き込まれました。最初は青春の甘酸っぱい系の話かと思ってたのですが、中盤から主人公たちの周りの大人の気持ちとシンクロしてきて、主人公達にもどかしい気持ちを覚えました。どんな年齢の方が見ても、それぞれの視点で楽しめる作品だと思います。絵もすごく綺麗でリアルなので、「天気の子」の世界がすごく近くに感じられます。子供だけの夢の時間から、大人の世界との境界線を跨ぐ壮大な物語を見られます。見どころは、やっぱり空の上の世界でしょうか。夢に見たような、空の上なのに、水の中にいるような色や空気感は「天気の子」の凝縮だと思います。そして、人間関係ですね。陽菜と凪の兄弟関係や、帆高と須賀さんの関係も、人間は一人じゃ生きていけないんだ、誰が一緒に居てくれるんだって思わせてくれる素敵な関係で、より感情移入してしまう一因だと思います。特に、須賀さんの気持ちで後半のシーンを見ていたので、本当に涙が出てしまいました。大人としてのもどかしさや、真っ直ぐな帆高が心配であり、羨ましくもある。子供たちだけでなく、大人の気持ちも丁寧に描かれているところも、とても良いです。
30代男性
30代男性
30代男性
アニメ映画「天気の子」は2019年に公開された新海誠監督による作られた長編アニメーション映画です。同監督による「君の名」が大ヒットし、公開前から期待の声が高く、興行収入が140億円を超える大ヒットとなった作品です。登場人物の声を担当した豪華な女優、俳優陣も見どころの一つです。醍醐虎汰郎さん、森七菜さん、小栗旬さん、本田翼さん、倍賞千恵子さん、平泉成さんらが務め、作品を彩りました。内容は天気を操る事ができる特殊な力を持ったヒロインと主人公の物語で、ラブストーリー要素もある心温まる作品です。主人公の高校生男子帆高は、家出をして島国から東京に出てきて、陽菜と出会います。陽菜はお母さんの死をきっかけに祈る事で、天気を晴れにすることができる能力を持つことになり、穂高の前で晴れにする力を披露して、商売をして色々な人たちからの依頼で晴れにするという事をやり続けますが、力を使うごとに陽菜の身体がどんどん透明になってしまっていく事が分かり、陽菜は消えてしまいます。晴れはもういらないから陽菜に会いたいと奮闘する姿はとても感動します。