トイストーリー4(アニメ映画)のネタバレあらすじと感想を簡単にわかりやすく解説!

ネタバレあらすじ

今回取り上げていく映画は、2019年7月12日に公開された『トイ・ストーリー4』となります。

日本でも高い人気を博した、アニメ映画『トイ・ストーリー』シリーズ。

その最新作とあっては、絶対に見逃がしたくありませんよね。

これまでに数多くの冒険で、観客を湧かせてきたのは、記憶に新しいところ。

はたして、今作では、どのようなストーリーが展開されていくことになるというのでしょうか?

これからじっくりと、映画『トイ・ストーリー4』のあらすじ、ネタバレを追っていきますので、ぜひ、ご確認ください。

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー4』のネタバレあらすじ

あらすじ

アンディ・デイビスからボニー・アンダーソンへと持ち主が変わってから、しばらくの歳月が経った、ウッディたち。

しかし、ウッディはあまり遊ばれなくなっていたのです。

さて、ボニー・アンダーソンは幼稚園に入るものの、ほかの園児たちとうまくやっていくことができません。

見かねたウッディは、ボニー・アンダーソンを支えてやって、おもちゃのフォーキーを作らせることによって、彼女を元気にさせることに。

が、フォーキーは、自分は人形ではなくゴミだと思っていたのです。

さて、ドライブをしていた最中、フォーキーが逃げてしまうという騒ぎがあって、ウッディは捕まえますが、その後、アンティークショップにて、ギャビー・ギャビーという不人気の人形と出会うことに。

そんななか、フォーキーがギャビー・ギャビーにさらわれてしまったため、ウッディはなんとか取り戻そうと躍起になっていきました。

なんとか苦労した末に、フォーキーをギャビー・ギャビーから取り戻すことに成功する、ウッディ。

ところが、ギャビー・ギャビーは、アンティークショップの経営者の孫のハーモニーに持ち主になってもらえず、ショックを受けてしまいます。

そこでみんなでボニー・アンダーソンがいた遊園地に行ったウッディたちは、迷子の少女にギャビー・ギャビーを拾わせることにするのでした。

ネタバレ

ウッディとフォーキー

映画『トイ・ストーリー4』でメインキャラの1個となった、フォーキー。

あいにく、自身をゴミだと思っていますので、なにかと問題が絶えません。

そこで、ウッディがそんなフォーキーと接していくところが見どころになったのでした。

たとえば、ひまさえあればゴミ箱に入ってしまうフォーキーを制止するなど。

やがてウッディはフォーキーの子守のようになっていきますが、このことが次で述べるように、フォーキーをピンチから救うことにつながるのです。

ウッディとギャビー・ギャビー

フォーキー奪還をめぐって、ウッディとギャビー・ギャビーのバトルが繰り広げられた、映画『トイ・ストーリー4』。

しかし、それはけっして、たんなる戦いなどではなくて、考えさせられるようなものだったのです。

交渉した末に、ウッディは、フォーキーを取り戻すため、ボイスボックスがないギャビー・ギャビーのため、自身のボイスボックスをあげることにしたのです。

いくら人間ではなく、おもちゃに過ぎないとはいえ、なんとも感動的な挿話ではないでしょうか。

ウッディには見習わされることが少なくないといえるでしょう。

ウッディの自立

映画『トイ・ストーリー4』のラストシーンは、これまでの冒険譚とは異なった内容になりました。

ウッディが迷子の少女にギャビー・ギャビーを拾わせたあとで、フォーキーからウッディが遊園地に来ると聞いた、バズ・ライトイヤー。

その後、ウッディはバズ・ライトイヤーと再会を果たします。

ところが、ウッディはもう人間に遊ばれる存在でありたくはないと思っていたのです。

こうして、ウッディはバズ・ライトイヤーから自立したうえで、これからはあくまでもおもちゃとして歩んでいくことを決めるのでした。

スポンサーリンク

感想

映画『トイ・ストーリー4』は、ヒューマンドラマならぬ人形ドラマの色彩が強い内容でしたね。

ウッディの、ボニー・アンダーソン、フォーキー、そしてギャビー・ギャビーへの献身が、なにかと涙を誘うこととなりました。

最後で、ウッディがバズ・ライトイヤーを目の前に、人間から巣立とうとするところも深かったですよね。

本作は、けっして子供向けの映画というわけではなく、大人でもじゅうぶん鑑賞に堪えられるような傑作だったといえるでしょう。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました