未分類

「君の名は。」のキャラクター名前一覧!登場人物まとめ

『君の名は。』は2016年8月に放映されたアニメ映画であり、新海誠が監督を勤めました。

数々の映画賞を受賞した新海監督の6作目の劇場アニメ作品であり、日本における興行収入は250億円を突破。

日本の歴代興行収入ランキングでは第4位という結果となり、世界における日本のアニメ映画の歴代興行収入では1位という結果を残しました。

今回はそんな『君の名は。』に登場するキャラクターについてご紹介します。

スポンサーリンク

「君の名は。」のキャラクター名前一覧

立花瀧(たちばなたき)

本作の主人公。

東京の都心に住んでおり、東京都立神宮高校に通う2年生です。

霞ヶ関に勤務する父親と二人暮らしを送っています。

特技は絵を描くことであり、建築や美術といった分野にも興味を持っています。

「IL GIARDINO DELLE PAROLE」というイタリアンレストランでバイトをしていて、同じくそこでバイトをしている奥寺ミキへ好意を寄せていました。

宮水三葉との入れ替わりが起きるようになってからは、スマホにその際の記録を付けつつ彼女とやり取りを行うようになり、徐々に三葉への気持ちが強くなっていきます。

三葉に入れ替わった際は男勝りな性格で行動しており、後でそれを知った三葉をドギマギさせていました。

宮水三葉(みやみずみつは)

本作のもう一人の主人公。

岐阜県糸守町に住んでおり、岐阜県立糸守高校に通う2年生です。

祖母である一葉、小学生の妹である四葉と三人で暮らしています。

宮水神社で四葉と一緒に巫女を務めています。

しかし、家業に良い印象を持っておらず、また、田舎での生活にも嫌気が差していて、都会である東京での生活に憧れています。

瀧と入れ替わりが起きるようになってからは、カフェに通い詰めるなどして、憧れの都会生活を満喫。

一方で、瀧が自身の体で好き勝手に振る舞うことに頭を悩まされてもいます。

奔放に振る舞う瀧に困らされながらも、徐々に彼に惹かれていきます。

奥寺ミキ(おくでらみき)

瀧のアルバイト先の先輩であり、おしゃれで美人な女子大生です。

それ故に男性アルバイトからの人気も高く、同様に瀧もミキに好意を寄せています。

入れ替わった三葉が彼女のスカートをかわいらしく繕ってあげたことから、瀧(中身は三葉)に興味を持ち、瀧があずかり知らない内に距離が縮まることに。

更にはデートをする仲にまで発展していきます。

勅使河原克彦(てしがわらかつひこ)

三葉の同級生であり、「テッシー」という愛称で親しまれています。

月刊『ムー』を愛読するオカルト好きであり、機械オタクでもあります。

地元の建設会社である勅使河原建設の社長の息子であり、閉鎖的な地元の関係性に辟易としていました。

密かに三葉へ想いを寄せています。

名取早耶香(なとりさやか)

克彦と同じく三葉の同級生であり、愛称は「サヤちん」。

高校では放送部に所属しています。

三葉、克彦とはよく三人で行動を共にしていて、親友同士という間柄です。

しかし、克彦に想いを寄せており、三角関係というもどかしい関係性の中で日々を過ごしています。

宮水一葉(みやみずひとは)

三葉と四葉の祖母であり、宮水神社では宮司を務めています。

三葉と四葉の母であり、一葉にとっては娘である二葉が亡くなってしまい、婿養子であった俊樹が家を出てしまったため、一人で孫達の面倒を見ています。

また、巫女である三葉達に、宮司として神社の歴史や伝統を教えてもいます。

瀧と三葉の入れ替わりに気付いており、入れ替わりが宮水家に伝わるものであることを知っていました。

宮水四葉(みやみずよつは)

三葉の妹であり、小学4年生です。

しっかりとした性格で、祖母を手伝い、三葉と一緒に家業である巫女の務めを果たしています。

三葉の体に入れ替わった瀧の突飛な行動には度々呆れていました。

藤井司(ふじいつかさ)

瀧の同級生であり、クールな性格の持ち主。

瀧、高木と一緒によく行動を共にしていて、アルバイト先も瀧と同じレストランです。

また、同じように建築に興味があります。

意外と世話好きな一面があり、瀧が三葉の故郷を探しに出かけた際は同行し、様子のおかしい瀧のことを気にかけていました。

高木真太(たかぎしんた)

司と同様、瀧の同級生です。

体育会系然とした大柄な体形をしていますが、それでいてサッパリとした性格の持ち主です。

瀧や司と同様にレストランでアルバイトをしていて、建築に興味があるという点も同じです。

瀧が三葉の故郷を探しに出かけた際は、司と協力して瀧をサポートし、瀧のバイトのシフトを肩代わりしていました。

スポンサーリンク

まとめ

以上が『君の名は。』の主要キャラクターのまとめとなります。

本作の主人公である瀧と三葉は、それぞれが都会育ち・田舎育ちのキャラクターです。

脇を固める他の登場人物達も、それぞれが都会らしさ、田舎らしさを備えています。

都会と田舎、それぞれを舞台として描かれる本作であるからこそ、キャラクター達にもそれらの色が強く表れているように感じられますね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!